カテゴリー「旅行・地域」の9件の記事

2016年9月 6日 (火)

流山市に「森の美術館」ができました!

朝夜の虫の鳴き音が、セミから鈴虫にかわってきましたね。
JUKU T.R.も2学期が始まり、よい通塾率で生徒も頑張っています。rock
 
 
で、唐突なのですが、流山市の大畔(おおぐろ)に、「森の美術館」ができました。happy02
 
Img_8214  
 
流山自動車教習所の近くです。
 
 
私が、少年時代にカブトムシを捕まえていた秘密のテリトリー付近でした。←分かりにくい。
 
 
 
大通りから、少し細い道に入ると…
 
Img_8216  
 
ホントに、こんな素敵な美術館があるのです。coldsweats02
 
私も、ちょっとビックリしました。
 
 
20点ほどが展示されている、とても素敵な美術館です。
 
Fullsizerender  
 
Fullsizerender_2  
 
飲み物がついて、とてもリフレッシュできる空間です。
 
小学生以下は、無料とのこと。
 
 
ぜひ、お出かけしてみてください。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水)

熊本県に行ってきました! その1

夏期講習も無事に終わり、ボランティア活動も兼ねてgood
 
(実際は「いや、お金を少しでも使ってくることが復興につながるんだ!bearing
 
と自分に言い聞かせての単なるグルメ旅行だった気もします。sweat02
 
熊本県に行ってきました!airplane
 
 
直前まで、台風で欠航になるかなとcoldsweats02、心配していたのですが、
 
念じれば通ず、で、何とか出発できました。rock
 
 
久しぶりの飛行機に、
 
「おー!!あれ、水島地区じゃないか!!happy02とか、
 
Img_8127
 
いい大人が、窓に張り付いての空の旅を満喫していました。が…、
 
 
熊本空港につくと、一転して、そこにも4月中旬の熊本大地震の爪痕が残っていて、
 
一挙に、沈痛な面持ちになりました。
 
 
↓空港の一部で、4か月半を経ても、まだところどころ、修復中でした。
 
Img_8097   
 
↓くまモンがお迎えしてくれましたが、心なしか、少し痛々しかったです。
Img_8098  
 
 
で、私、熊本は初上陸で、空港を出るなり、九州チックな雰囲気に、
 
「おーー!!happy02と、また気を取り直したのですが、
 
Img_8100  
↑遠くに見えた山肌が崩れているのも、地震が原因と話を聞き、
 
また、まだ癒えない現実に引き戻されました。down
 
 
熊本城も、まだ中には入れず、
Img_8116  
 
堅牢なはずの石垣も、
Img_8109
 
想像以上に、復興には長い道のりを思わせる状況でした。
 
 
7月の中旬に、叔父の13回忌で、宮城に行きましたが、
 
その時も、車ですぐのところに、まだ東日本大震災で被災された方が住んでいる
 
仮設住宅がありました。
 
帰りは、常磐高速道で、浪江(いわゆるフクイチがあるところです)を通ってきましたが、
 
静かで、緊張する区間には、放射能の汚染物質が入っていると思われる大量の袋が、
 
並べてあのが見え、こういう災害は、日本では、どこででも起きると、
 
運命の紙一重を感じました。
 
 
阿蘇のホテルにチェックインするときにも、フロントの方に、その日の様子を伺いましたが、
 
「私は、ちょうどここに立っていたのですが、立っていられないほどの揺れでした。」
 
と、お話ししてくださいました。
 
 
(次回に続く)
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

一面菜の花

だんだん暖かくなってきましたね。happy01

スマホの万歩計のアプリをダウンロードして、1日の歩数を計ったら、

ナント、2000歩を切っていました…。sweat02

 

これはいけないと思い、

体力作りも仕事のうち、とポジティブにとらえ、rock

週2回程度、30分ほどのウォーキング(というとカッコいいが、要は散歩?)coldsweats01

を始めました。

 

この時期の、江戸川の土手は、一面菜の花。

Img_7563 

写真でも、見えますかね、ずーーっと向こうまで、黄色のじゅうたんです。

 

とっても気持ちのいいものです。happy01

 

Img_7568

今日は、つくしも顔を出していました。春ですね。confident

 

 

そういえば、放し飼いのヤギもいました。capricornus

(八木方面ではないです。sweat01

えっ?流山には、今でも放し飼いのヤギがいることに、ちょっと…。coldsweats01

 

Img_7544  

3頭もいましたよ。

 

 

しばらくは、体調管理(というかダイエット coldsweats01 )も含め、続けてみようと思います。

 

 

 

 







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

国語辞典のこと

小学5年生のOくん。

先週、お誕生日でした birthday(おめでとう!happy01

国語辞典早引き競争をしていた影響が、あったかどうかは、定かではありませんが、

お誕生日プレゼントに、お母さまに、国語辞典をリクエストしたそうです。happy02

↑こういうの、なんだか、泣けるほどうれしいですねhappy01

そういえば、お母さまとの面談終了後の雑談で、

「Oくんの誕生日プレゼントに国語辞典を考えているんです。happy01と、

どんな辞書がイイか、意見を求められました。

 

国語辞典編集を題材にした、評判の高い長編小説「舟を編む」(三浦しをんさん著)を、

私は、まだ読んでいませんが(ちょっとネットで検索したら、来年映画化だそうです。sweat01

個人的には、辞書とか言葉には、結構興味を持っています。book

 

で、私なりの考えをお伝えし、中学生対応の、旺文社か三省堂が、無難なのでは coldsweats01

という結論に達しました。

それで、先日、三省堂の辞書をプレゼント present されたそうです。

大事に使ってほしいですね。happy01

 

辞書ですが、例えば、「先(さき)」

皆さんは、時間的概念を考えるうえで、この言葉に、どちらのイメージをお持ちですか。

未来ですか? 過去ですか? coldsweats01

 

当然、未来でしょう!paper という方。

正解です。good

「こののことは、分からない。」

と言えば、当然、未来のことを指し示します。

でも、この言葉、実は、過去の概念も持っているのです。coldsweats02

「あのー… ほどの件ですが… coldsweats01。」

と言えば、この「先」は、どう考えても、過去のことを指しています。

こういうの、昔、辞書を引いていて、発見し、一人で感動していました happy02

 

というように、一つの言葉に、逆の概念が含まれている言葉って、

日本語には、結構あるのです。

「前」とか「現(うつつ)なんていうのも、辞書を引いてみると、興味深かったりします。

 

それから、辞書の興味深いところは、巻末のページ。

辞書によっては、手紙の書き方や、ことわざ、故事成語一覧、文法、文学史など、

結構充実していて、知的好奇心を刺激するページとして、とても楽しめます。good

高校生になったら、電子辞書でも構わないかな、と思いますが、

中学生までは、ぜひ、紙の辞典を使ってほしいですね。happy01

 

あれっcoldsweats01? 「辞書」と「辞典」って、どう違うのだろう?

あれっ?「辞典」を引いたら「辞典」と「事典」と「字典」と出てきましたsweat01

って、やっぱり、なかなかに、日本語って奥深くて、素晴らしい言語と思います。good

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

大菩薩嶺(だいぼさつれい)に行ってきました!

連休の日曜日に、山梨県にある「大菩薩嶺」に登ってきました。happy01

2年前にも、一度登ったことがあるのですが、頂上付近からの眺めがよく、

約2000mと、お手頃なため、実父と行ってきました。cardash

↓午前7時40分出発!
120916_7_38_34_800x600_2   

↓30分後、福ちゃん荘へ到着。皇太子様も、ここで休まれたとありました。
120916_8_01_29_800x600

120916_8_09_52_800x600  

↑先に大菩薩嶺に行き、介山荘を通って下山する、約4時間のルートを選択しました。 

 

↓1時間ほどで、木の間から、富士山fuji が見えましたhappy02。 

120916_8_48_53_800x600  

↓で、頂上付近からの景色!どやっ!delicious 奥は富士山です。

120916_9_19_31_800x600  

ちなみに、こちらの右手には、日本アルプスも見えました。 

 

↓登っている最中の実父と富士山。手前はダム湖です。

120916_9_11_02_800x600  

 

大菩薩嶺頂上!happy02 …木々に囲まれていて、山頂からの視界は不良です。coldsweats01

120916_9_31_00_800x600  

 

↓山頂から、介山荘へ向けてしばらく稜線を歩きます。ここはハイキング。

右手には、富士山。この日は、この後、すぐに雲がかかってしまいました。

下に見えるのが、介山荘。少し、写真の雰囲気が、マチュピチュみたいでしたsweat01

120916_10_25_19_800x600   

 

前回のブログで「あいさつは基本」と書きましたが、

登山中の私のあいさつも、自分でいうのも何ですが、結構、テンション高いup

いや、元気よくあいさつされたほうが、疲れているときに、ふっと元気が出るかな、

と思っての行動なんですが…coldsweats01

で、実は、この途中で、81歳と78歳の老夫婦と、お話しできました。

狭い道を譲った時に(登山では、登りの人優先です。)、ご挨拶がてら、

「お元気ですねーhappy01。」をつかみにして。

そうしたら、このご老女様、燕岳(つばくろだけ)にも常念岳にも、

もちろん、富士山fuji にも行ったことがあると…coldsweats02

北は北海道から、南は九州まで、よく登山に行くとおっしゃっていました。coldsweats02

で、元気そうな笑顔が、ホント、よかったです。good

私も、富士山の話や、燕岳に登った話、白根山の話などをしていたら、

「いいお話を聞けました。happy01と笑顔でお礼をしてくれました。

「いえいえ、こちらこそ。coldsweats01と、心底思いました。

私、80歳になった時、あんな笑顔をナチュラルに繰り出せるかcoldsweats01

一期一会ですけれど、ホント、いい出会いでした。

 

↓介山荘に到着

120916_10_38_28_800x600  

 

↓すぐ近くに「大菩薩峠」の標識がありました。good

120916_10_38_59_800x600  

 

↓ここから下って、約1時間。あっという間の登山でした。sweat01

120916_11_49_16_800x600  

 

普段のシーズンは、富士山登山と同時に、登山も終えるのですが、

今年は、もうしばらく、他の山にもアタックしてみたい気持ちになりました。delicious

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

まさかの富士山おかわり!

きっと、また来るだろうな、と思ってはいましたが…confident

そのスパンが、早かったcoldsweats01

120830_11_46_30_800x600

再び、行ってきました。fuji 富士山へ。

今回は、友人たちとともに。good

 

私も、1シーズンに2回登るのは初めてで、しかも、前回は2週間前。

富士山にある名言

「1度も登らぬバカ、2度登るバカ、3度登る永遠のバカ。」

前回で3度目の登頂を達した私としては、「永遠のバカ」の称号を得てscissors

ひとまず満足はしていたのですが、運命が、それを許さなかったようですsweat01

120830_10_19_10_600x800

…って、4度登った人は、どういう扱いになるのだろう…、と、どうでもいい心配をしてみました coldsweats02

 

でも、4回登って、4回ともご来光が見えたので、

やっぱり、私、少しは富士山と相性がいいらしいことが分かりました。smile

120830_5_12_38_800x600  

今回は、私よりも、少し、いや、だいぶん…、若い人たちとの登頂でした。

ので、午前2時30分出発の、山頂到達は午前10時30分。

120830_7_53_36_800x600
↑雲があったり、なかったり…の、本八合目。

8時間の行程で、自己新記録でした。rock

下山も、3時間25分と、自己新scissors

120830_13_59_03_800x600
↑下山途中の景色。きれいでした。

私にとっては、なかなかのハイペースでしたがsweat01

こちらも、ずいぶんと慣れてきた感がありましたhappy02

…といっても、その1週間くらい前に登った中2のAくんは、5時間半くらいで、山頂に到達、

3時間弱で下山と、驚異的なタイムをたたき出していました。Aくん、すごい!!coldsweats02

 

山頂に行くと、ずいぶんと人がいます。

120830_11_56_02_800x600
↑山頂の山頂「剣ヶ峰」への最後の難関、馬の背。これが、結構しびれます…coldsweats01

 

だから、少々、運動不足で、体力が落ちている私でも登れるので、

周りにも勧めるのですが、

結構、「いやー…」と腰が引ける人がいて、少し驚きます。

決して「楽」とは言いませんが、一度は、日本一の山に、ぜひ、皆さんも! 

↓持っていったカロリーメイト。山頂付近で。袋がパンパンです。こういう体験が、理科を得意にします。scissors

120830_9_10_49_800x600

 

何かに、チャレンジする。できそうかな、難しそうかな、ということに挑戦してみる。

失敗しても、そう、致命傷なことでもないですから、

私は、いろんなことに、これからも、挑戦していこうと思います。

 

富士登山って、夏のライフワークになるのかな、ちょっと思い始めています。coldsweats01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

富士山に登ってきました!

ご無沙汰していましたsweat01

お盆休みは、みなさんは、どのようにお過ごしになったでしょうか?

私は、仕事も少々こなしつつ、16日(木)に富士山 fuji に登ってきました happy02

 

なぜ、16日か。

実は、富士吉田口のマイカー規制が、解除されるのが、

16日の深夜0時だったんですね。

ということで、いつも行く仲間とは別に、

今回は、名誉隊員(実父71歳)と、富士山アタックしてきましたgood

 

15日の午後8時30分に、cardash 実家を出発し、

同午後10時ごろ、富士スバルライン入口付近に到着。

が、既に200台くらいは、並んでいたでしょうかsweat01

 

今回の富士山アタックは、今年で3回目でした。

前2回は、いずれもご来光を拝みに、日の出に合わせて山頂到着としていたのですが、

今回は、初の日帰りを敢行!(年や体力を考えると結構無謀…coldsweats01

無事、富士山5合目の駐車場に車を止めたのが、16日の12時30分過ぎ。

車で行けるといっても、そこはもう標高2500m付近。

その時間から、体を慣らす意味も含め、

(ここでしっかり体を慣らさないと、高山病になっちゃいますsweat01。)

午前3時前まで、車の中で仮眠。

起きて、サンドウィッチとコーヒーの朝食。で、3時30分過ぎに、出発 rock

↓5合目の登山口。

120816_3_26_16_800x600   

 

難なく、6合目に到着。午前4時10分頃でした。少し、明るくなり始めました。

120816_4_12_16_800x600   

↓7合目に行く途中で、ご来光!

120816_4_57_51_800x600  

写真で、分かりますでしょうか。不思議な光景でした。

正面に見えるのが、河口湖。すぐ右に、雲があります。

で、太陽を挟んで、上にも、雲海が。

雲のサンドウィッチでした。

で、3分もたつと…

120816_5_00_42_800x600  

太陽のパワーって、ホント、すごいなー、とシミジミ、思ってしまいました。catface

 

午前5時30分ごろ、7合目に到着。上まで7合目の山小屋が続いていますsweat01

目指す頂上は、まだ見えず…sweat02

120816_5_33_04_800x600   

 

8合目。7合目から2時間もかかってしまいました。標高3100m。coldsweats01

ちなみに「TAISHIKAN」とは、「太子館」と書きますが、

聖徳太子が馬で富士山に登り、その休憩地点が、ココだったことが由来しているそうです。

聖徳太子も、登ったんですね。coldsweats02

120816_7_45_01_800x600  

↓まだ8合目です。coldsweats01

が、上の写真のところから、150mほどの高さ。時間にして、私たちは2時間かかりました。sweat01

120816_9_31_24_800x600  

 

本8合目に到着。午前10時10分頃。happy01 scissors  

120816_10_07_09_800x600   

↓目指す頂上が見えてきました!rock

120816_10_28_05_800x600  

 

↓9合目には、もう山小屋はありません。そこを通過して…

120816_11_42_31_800x600  

120816_11_45_45_800x600  

 

↓山頂付近の最後の鳥居。ここをくぐれば、あと数歩で頂上です。rock

120816_12_59_39_800x600  

 

到着!!happy02 到着時間は、午後1時過ぎ。9時間半くらいの行程でした。sweat01 

120816_13_04_06_800x600  

 

で、以前、ブログで言っていた、

「ここからしか見えない景色」です。↓ 

 

120816_13_07_28_800x600  

120816_13_07_34_800x600  

 

 

 

 

…あれっ?coldsweats01

 

 

そうなんです。

言い訳ですが、山の天気は変わりやすく、

午後になると、特に雲がかかりやすくなり…sweat02

 

…っていうか、登ってから、ご自身の目で見たほうがいいでしょう、皆さんも!

という、なんとも力技で、山頂からの景色を、お茶で濁しちゃいました。coldsweats01

 

そして、実は、下山が、結構つらい…sweat02

単調な、つづら折りの下り坂を、延々と下って行くのですが、

120816_14_03_43_800x600  

大体いつも、最後は膝が痛み出します。weep

 

が、今回は、さほど、膝も故障することなく、無事下山。happy01scissors

120816_18_10_20_800x600  

下山時間は、午後6時10分ごろ

4時間20分くらいで、無事、下りてくることができました。happy02

 

5合目から、雲海に顔を出した山々。奥にきれいに見えます。

120816_18_17_02_800x600  

そして、その左手に、今、下山してきた富士山。

120816_18_18_34_800x600  

 

3回富士山に登った私は、これで、めでたく「永遠のバカ」に昇進しましたgood

 

3回も登ったので、もういっかcoldsweats01、と思いつつ、きっとまた来るのだろうな、

という予感を残して、富士山を後にしました。

 

3回連続、天気に恵まれ、よい登山ができました。

今は、顔の皮がむけていて、チョット気持ち悪いです…。coldsweats01

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

日光の白根山に登ってきました!

夏期講習が始まって、このめちゃくちゃ忙しい時に、行ってきちゃいましたhappy01

日光の白根山(しらねさん)に!cardash

120729_7_37_19_800x600  

標高2578m。名誉隊員(実父)と登ってきました。

 

120729_12_02_20_800x600

 

結構高かったです。コースは、

菅沼登山口→弥陀ケ池→白根山山頂→避難小屋

→五色沼→弥陀ケ池→菅沼 登山口

で、結局9時間もかかってしまいましたsweat01

おかげさまで、現在、右膝、使えていません… crying

でも、よかったです。非常にgood 

 

120729_8_30_31_800x600
↑犬と一緒に登山している方もいらっしゃいました。犬の名前は、ネネさん、でした。 

 

120729_9_41_54_800x600  

↑「弥陀ヶ池」に到着するまでに3時間かかりました。奥に見えるのが、白根山。

ここから1時間程度で登れますが、急登で大変でした。sweat01 

 

120729_9_57_05_800x600

↑急登を登っています。

 

120729_11_19_57_800x600

↑途中の景色。

 

120729_12_05_07_800x600    

↑頂上はこんなに混んでいましたsweat01。 

 

120729_13_08_52_800x600  

↑↓ 野生のシカがいました! 6頭くらい見ました。

120729_13_26_31_800x600   

 

こんなに大変な思いをして、なんで、山に登るのか。

登山家マロリーは、「そこに山があるからgoodと、名言を残しましたが、

私は、そんな気の利いたことは言えず、です。

でも、「そこからしか見ることのできない景色があるから。」

私は、山に登るのだと思います。

だから、登った時は、最高です。

「この景色は、ここからしか見ることができない景色だよな。happy02」と思って。 

そして、これって、勉強にも通じるものがあるかもしれません。

 

山のふもとから見える景色。5合目から見える景色。山頂から見える景色。

やっぱり違う。

勉強も同じで、5教科で、200点の世界、300点の世界、400点の世界…

やっぱり違うと思います。

上に行くことは、それなりの努力も必要だし、やっぱり大変。

でも、今までに見たことのない景色、思いもしなかった景色が広がっています。

  

現在、夏期講習で、受験生たちが頑張っています。

私は、200点の生徒には、その上の世界を見せてあげたい、

300点の生徒にも、400点の生徒にも、その上の世界を見せてあげたい、

と思っています。

私は、そこにたどり着く方法は知っています。

けれども、登るかどうかは、それは、本人の行動(努力)次第。

現在、なんだかんだ言って頑張り始めている生徒が大勢います。

ここはひとつ、真剣勝負で、私も、彼らに付き合いたいと思っています。

それで、少しでも次の世界を目指してもらえたら、と思っています。

 

 

↓幻の魚、岩魚(いわな)おしょろこまの炭火焼を食べて帰ってきました。

120729_16_54_36_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

釈迦ヶ岳(栃木県)に登ってきました!

日曜日は、今シーズン初の登山に行ってきました。

私、山男かっていうと、…そうでもないですcoldsweats01

きっかけは、3年前に、行きつけの床屋さんが、fuji 富士山に登った話を聞き、

「いいですね。それgood。」

ということで、翌年の仕事以外の目標を「富士山に登る!」としたことでした。

 

で、過去2年間の登山経歴をcoldsweats01

筑波山(つくばさん 茨城県) 877m  2人で

大菩薩嶺(だいぼさつれい 山梨県) 2057m  2人で

三ッ峠(みつとうげ 山梨県) 1786m  2人で

赤城山の黒檜山(くろびさん 群馬県) 1827m  2人で

燕岳(つばくろだけ 長野県) 2763m  2人で

そして、富士山 3776m 2回  1回目 11人で  2回目  9人で

という具合です。

 

今年も、富士山、登りたいな、と考えていますhappy01

なぜか。

富士登山には、実は、格言があり、

「一度も登らぬバカ、2度登るバカ、3度登る永遠のバカ」

と言われているそうです。

で、私、2年連続で2回登りましたので、このまま終えてしまうと、

「ただのバカ」になってしまう恐れがありますcoldsweats02それは、正直、避けたい。sweat01

で、あるなら、「永遠のバカ」のほうが、ランク上かなgood、と考えています。

 

ということで、今回は、栃木県にある釈迦ヶ岳に cardash

日曜日の午前4時に出発。富士登山名誉隊員(実父71)とチャレンジしてきました。

天気予報は、曇りcloud、午後から小雨rain

今年初の登山で、少々不安もありましたが、とりあえず、行こうということに。

 

午前6時20分ごろに、大間々台の駐車場に到着し、出発 shoe

ルートは、八海山神社 → 剣ヶ峰 → 釈迦ヶ岳です。

20120701_061914_800x600_800x600  

20120701_070830_800x600

 

1時間ほどして、八海山神社に到着。結構、あっという間でしたcoldsweats01

20120701_072251_800x600   

 

矢板市の最高点を通過。

20120701_073346_800x600 

↓途中で、動物の足跡を見つけましたcoldsweats02

20120701_102913_600x800

 

↓名誉隊員coldsweats01。 

20120701_083405_600x800  

 

↓こうして、ロープが張ってあって、そこを登る場所が3か所くらいありましたsweat01

20120701_090825_800x600  

 

↓無事到着scissors。緩やかな道と急登を繰り返し、3時間くらい、かかっちゃいましたsweat01

20120701_092915_800x600 

 

↓標高1795mにお釈迦様(奥)!coldsweats02 誰がどうやって!?

20120701_094712_800x600_800x600

20120701_092425_600x800  

 

↓残念ながら、360度の大パノラマは、お預け、でした weep(完璧に霧でした。)

20120701_094643_800x600    

 

でも、久々の登山は、やっぱり気持ちよかったです。

ということで、少しずつ、富士登山に向けても、準備を進めていますgood

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)