« 第1回高校入試セミナーを実施しました! | トップページ | 今更ながら…中間テストの結果! その2 »

2013年6月 5日 (水)

専修大学松戸高校の説明会に行ってきました!

本日は、school 専修大松戸高校 schoolの塾対象の説明会でした。

午前9時40分。北小金から、busdash バス送迎で専修大松戸へ。

 

今年度入試は、受験生を大きく減らしたそうです。down

500名ほどこれは大きい!wobbly

理由を次のように述べていました。

前年度入試問題が難しく、敬遠した受験生がいた。

今年の前期入試初日に、多くの高校が集まり、日程が他校とかぶった。

 

…でも、どうなんでしょうか。catface

私、このレベルまでいくと、そういうことではなく、

厳しい見方をすれば、やはり大学進学実績では、と思ってしまいます。coldsweats02

ザッとですが、こんな数字。

今年度大学進学実績 (  )は卒業生数

        専修大松戸(490名)  芝浦柏(302名)  麗澤(259名)

国公立       66           65        44

早稲田       25           51        12

慶応         10           18         4

上智         20           37          5

理科大       59           84        32

 

東葛地区では、よく比べられる3校です。

私としては、生意気を承知で言わせてもらえれば、

もう少し大学進学実績に上乗せがあってもいいのかと思います。rock

スミマセン!専松さん!激励と思ってください。coldsweats01

 

色々な高校の先生とお話をする機会があります。

どの学校も、色々な悩みを抱えています。

で、トップレベル校は、やはり、進学実績かと…。

大学進学実績をどう出すか。これが高校の特色です。

そして、その方法が支持されるかどうかが、受験者数なのだと。coldsweats02

 

来年度入試では、入試改革をするそうです。

①問題の難易度を今年度並みとする。

②募集枠は、前期入試に偏重シフトする(近隣私立は、ほとんどこの態勢です。)

③英検などの資格取得者に対しての加点制度にボリュームをつける。

④E類からA類へのスライド合格を希望者制にする。

どうなるかは、7ヶ月後のお楽しみです。coldsweats01

 

近隣の大学付属高校では、もれなく付属大学へ行く生徒が、少なくなっています。

「付属校」というメリットが、そうアピールできない昨今となりました。

学力の高い高校の、受験者数≒教育内容、について、

細かく見ていかなければと思った入試説明会でした。confident

 

いやーエラそうに、ホント、スミマセンでした。coldsweats01

 

 

|

« 第1回高校入試セミナーを実施しました! | トップページ | 今更ながら…中間テストの結果! その2 »

コメント

大学合格実績の慶応、上智、理科大の芝柏と専松が逆だと思います。

》どなたか分かりませんが、ご指摘いただきまして、ありがとうございます。確認し、訂正いたしました。大切な情報の掲載をミスしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

この場を借りて、関係する方々にお詫びいたします。

JUKU T.R.田代

投稿: | 2013年7月26日 (金) 05時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1652538/51922297

この記事へのトラックバック一覧です: 専修大学松戸高校の説明会に行ってきました!:

« 第1回高校入試セミナーを実施しました! | トップページ | 今更ながら…中間テストの結果! その2 »